ハーグ療法の副作用と安全性

ハーグ療法で利用される成分(成長因子)の安全性は当然ながら確認されています。

成分自体は、脂肪幹細胞を培養し、そこから取り出されたタンパク質を濾過し、さらにガンマ線によって殺菌を行なっています。

アレルギー起因物質も全く含まれていません。

海外では数千例が臨床で使用され、国内でも2007年から臨床が開始されています。

副作用の報告はなく、認定証を発行された医院のみが施術をすることができるよう、高い安全性が徹底されています。